本文へスキップ

金型製作技能士

金型製作技能士

技能士の種類

技能士とはHEADLINE

金型製作技能士

金型の仕上げ、組立て、加工

試験の特色 

検定は昭和56年より開始され、昭和60年度にプラスチック成形用金型製作作業が導入された。


詳細情報
試験形式: 特級、1級、2級が実施されている。
学科試験: 共通科目は、金型一般、加工用機械、工具、材料、品質管理、電気、安全衛生など。選択科目は、設計、製作法、組立て・調整、補修、材料など。
実技試験: (1)プレス金型製作作業=外形抜きパンチ、パンチプレートを所定寸法に仕上げ、金型を組立てた後にプレス機に取り付け、課題図による製品を5個打ち抜く。
(2)プラスチック成形用金型製作作業=立フライス盤と手加工でプラスチック成形用金型として必要なテーパ加工(2級は除く)、R加工、溝加工などを盛り込んだ課題が課せられている。
 ※特級ではこれらの金型製作に関する工程管理などを行う。
試験範囲(実技): (1)金型部品の切削加工及び研削加工ができること、(2)金型の組立て及び調整ができること、(3)金型の検査ができること、など


問い合わせ先

中央職業能力開発協会
住所:〒160-8327 東京都新宿区西新宿7-5-25 西新宿木村屋ビルディング
TEL:03-6758-2861・2859




技能士試験